020201
020126020127020128020129と020101同時更新。


おっぱいの張り具合だとか、エッチのしたさ具合だとかそういった注意喚起の意味合いが多く含まれている女の子の体の不思議変化から、おかしいなおかしいなでもまっさか〜と不確定な要素が多すぎる自分の生理周期に深い無念の溜息を漏らしつつ、昨晩から若干の違和感と不安を覚えてはいたけれど、

今朝タラタラ起床したままトイレに行ってうそ〜んッッッとビックリ、

乳白色な明かりに煌々と照らされるちょっぴりキュ−トなパンツには、 今月2回目の紅がいらっしゃってる事をやんわり告げるハ−トマ−クが、 朝靄に桜の花びらが溶けているような色合いで見事についておりまして、 私が素晴らしく反物の見立てが上手な花街育ちの京女だったなら、 深刻な顔してパンツ下ろして仁王立ちで

「そやな、これはオトコはんと逢い引きするときの着物に仕立てよか。」

と思わず感嘆の溜息を漏らしてしまうところだったのでしたイヤン。(ハイ?何の話?って、日記中で自分の生理について何度も申し上げるのは気が引けたので、自分の純情の最後の欠片を噛み締めてこんな流れ。)

それからはもうとにかく腰が重くて痛くて、たったひとつの心の拠り所である薬を探し求めて家中を徘徊するも痛み止めは見つからず慌てふためいてたところに、おばあちゃんが自分の化粧ポ−チから秘薬を探し出してきてくれた時はホッとしたよ。でもその古めかしくもチ−プでお洒落な袋に入ってる薬の名前が『ノシチン』で、どうしてもフと視線をやると『ノッチン』に見えて、のっちんって誰の愛称だよ!って別の意味でお腹が痛くなって仕方がないの。


のっちん、漫画貸してくんない?←ノッチン。


のっちんはきっと瞳をいつもキラキラ潤ませている、パセリが大嫌いな男の子です。我らがのっちん、そんな偽物みたいな見た目とは裏腹に優秀でした。








夏の傷、やっと薄くなってきたかもよなの。
ついてしまったものは気にしないで☆

ポテトチップスでアヒル口するのは乙女の鉄則よね。
100均のポテトチップス箱買いしてくれたよ、おじいちゃん。
肥えた豚にして売りさばく気ねいやんいやん。



東京の私の家のポストの膨れ具合が気になり始める今日この頃。

あと、商店街とかのパン屋さんでバイトしてみたいです。
 エプロンして袋にテキパキ小分けしたい!東京に戻ったら!